ゲームアプリを開発の皆様、こんなお悩みや経験ないでしょうか?

  • リリース直後はいいとして売上が持続するか不安…
  • ゲームバランスが適切か事前に把握しておきたい…
  • 2ヶ月目以降売上が急落した経験がある…

  • もし当てはまるようでしたら、きっと弊社の「新規タイトル評価サービス」がお役に立てると思います。まずは、色々な現場での「あるある話」をご紹介させてください。

    新規タイトル向け
    ゲームバランス
    評価サービス
    詳細資料を請求する

    2ヶ月目、アプリ売上急落の理由

    多くの方がご存知の通り、アプリゲームの開発費はどんどん高騰していて、今や数億円どころか開発に10億円以上かかるケースもざらになってきました。

    そうなると必然的に重要になってくるのが、投資回収効率になります。しかし、そのままリリースをして本当に大丈夫でしょうか?

    例えば、10億円とは行かないまでも、2億円,3億円と開発費を掛け、期間も2年以上掛けてゲームを開発。

    プロモーション費用も億単位でガッツリかけて、いよいよリリース!

    その効果もあり、売上は順調…かに見えたものの、2ヶ月目以降はどんどんユーザーが抜けていって、気づいたら売上は採算ラインギリギリ…

    その後気づいたのは、やりこみ要素不足によるユーザーの離脱や、パラメータ設計の失敗によるバランス崩壊など、結局すぐに飽きるゲームバランスになっていた…

    こうなってしまうと、あとから頑張って手を入れても、もうお客さんは中々戻ってこない…

    あぁ、せめてリリース前にこうなると予測できていれば…

    こんな経験ないでしょうか?

    そう、もちろん、可能だったら、

    リリース前にゲームバランスをチェックしたかった…

    でも

    担当者しかわからないのでチェックができなかった…

    そんなことはありません!
    実は、可視化して誰でもチェックできるようにできるのです。

    というのも、ゲームリリースよりもさらに前の段階である、プレイ体感確認の前に、ゲームバランスは概ねシミュレーションで予測できるのです。

    いやいや、バランス調整のためのシミュレーションくらいはしているよ、とおっしゃる方も多いかもしれません。
    しかし、全体的なバランスを網羅的に可視化するところまで出来ているでしょうか?

    例えば、ユーザーのレベルがこれくらいの日数でこれくらいになる、位のシミュレーションはされているかもしれません。

    しかし、例えば「ミドルユーザーのアイテム所持量やカード強さなどはこの時点でこうなって、このアイテムが3ヶ月後のこの時点で飽和する」という粒度での可視化まではされているでしょうか?

    ここまで可視化すれば、事前に全体のバランスが把握できるのですが、実は、ほとんどされている事例はありません。

    なぜ実施されないかと言うと、そもそも重要度の認識が高くないというのもありますが、 殆どの場合では、担当者は直前までパラメータの入力などで手一杯で、こういう可視化まで意識が回らなかったり、可視化しようにもどこから手を付ければいいかわからなかったり、というような形で途方にくれてしまうことが多いのです。

    また、可視化をしなくても、担当者は肌感でバランスは大丈夫と思っているので、特に可視化などはしないという事情もあります。

    しかし、このバランスや要素の設計如何で、ユーザーが長く遊べるかどうかを決める、つまり投資の採算ラインに影響するのですが、その採算ラインに関わるバランスを、投資の意思決定者であるプロデューサーが殆ど知らない、ということもザラにあります。

    しかし、前述の通り、実務上の都合でバランス可視化はされないことが多いので、投資の採算に関する情報を知らずに投資の意思決定をすることになります。 これはまるで、株を買う時に、会社の決算書を全く見ないで買うようなものです。

    なので、億単位の投資の妥当性を知り、少しでも投資回収率を上げたくないでしょうか?

    そういったニーズにお答えする形で、弊社はバランス可視化のサービスを提供しております。
    また、本サービスは現場の作業と並行してバランスの可視化を行うので、開発の妨げになりません。

    例えばですが、開発費が数億円掛かっている中で、ほんの数%をバランス可視化に投資するだけで、リリース後の投資回収率を改善できるかもしれない…
    もしバランスで失敗したご経験がある方ならば、その投資対効果はすぐにイメージできるかと思います。

    弊社は、バランスの可視化に関しては多くの経験があり、また、リリース前にシミュレーションによる可視化をしたことで、 リリース後のパラメータに関するクレームやバランス崩壊を事前に防ぐことが出来た事例が数多くあります。

    今まさに開発中のタイトルでも、開発が進むに連れ、飽きやバランス崩壊のリスクは着々と増え、そしてブラックボックス化が進んでおります

    残念ながら、リリース直前のタイミングでは、バランス可視化の作業は間に合いません。
    今開発中のタイトルでは、バランス崩壊による売上リスクはないでしょうか?

    もし売上リスクを感じましたら、下記のフォームより現在の開発の進捗や状況などを教えてください。
    頂いた内容から、今からでもバランスの可視化が間に合うかどうかお答えできますので、バランス崩壊で手遅れになる前に一度ご連絡ください。

    評価サービスのお問い合わせ

    Contact Us

    バランス可視化が間に合うか確認する

    ※Eメールでのお問い合わせをご希望の場合はこちらからお願いします。